ケノンは子供の脱毛にも効果あり!?

産毛脱毛の女の子

今、家庭用脱毛器として人気・実力ともに評価の高いケノンですが、ケノンで小学生、中学生など子供の脱毛ってできるのでしょうか?

 

子どもの肌は大人と比べて敏感なので、ケノンで脱毛しても本当に問題ないのか、親としては心配ですよね。

 

でも、安心してください。

 

ケノンで子ども(小学生、中学生)の脱毛は注意事項さえ守れば、問題なくできます。

 

ただし、【自己責任】でということにはなります。

 

ケノンの取扱説明書の注意事項には、はっきりと「子供及び高齢者には使用しない」と書かれています。
また、「子どもの手の届かないところに保管し、使わせない」とも書かれています。

 

これは効果がないからという理由ではなく、安全性の観点からそのように言っているわけですね。

 

ケノンは非常に強い光を照射しますので、子どもだけに勝手にやらせるというのはやはり危険な場合もあります。

 

子供の肌は大人より弱いので、万が一何かあったら大変ですから、ケノンに限らずメーカーとしてはそのように書かざるを得ないんですね。

 

ただ実際には、ケノンのHPを見ても分かるように、多くの人が子供にもケノンを使っています。特に親子で一緒にケノンを使っていることが多いようです。

 

親子で使えば、一人当たりのコストも格段に安くなりますからね。

 

 

最近の子ども、特に女の子は小学生低学年であっても美意識はおしゃれなど非常に高いですよね。
ムダ毛を気にする年齢も以前よりずーと低くなってきて、夏にプールのなどで自分が他の子と比べて毛深かったり、それを指摘されてすごく悩んでいる子が結構います。

 

「子どものムダ毛でそんなに深刻にならなくても・・・」と軽く捉える人もいますが、実は子供の「産毛や濃い毛の悩み」は時には大人が考えるよりも深刻な問題になることがあるんです。

 

小学生でも他の子どもより少し毛深かったりするだけで、それがコンプレックスになって性格が暗くなってしまったり、
いじめの原因になったりするケースもあります。

 

自分で何とかしようとカミソリなどを使ってけがをしたら大変ですから、ムダ毛で悩むお子さん、特に娘さんを持つ親としては安全な方法で解決してあげたいと思いますよね。

 

子供の肌はデリケート

 

フラッシュ脱毛図

ケノンは、ご存知のように光(フラッシュ)脱毛器と言って、エステや脱毛サロンで使用されている器械と原理は同じです。

 

特殊な光(フラッシュ)を肌(ムダ毛)に照射することで、光エネルギーはメラニンを多く含む黒い色のムダ毛やその毛母細胞に吸収され、熱エネルギーに変わります。

 

そしてその熱エネルギーが毛母細胞を変性させることで、ムダ毛が再生されにくくなるという仕組みです。

 

ですから、大人でも子供でもこの脱毛の仕組みは同じなわけですから、効果は当然あるんです。

 

ただ、子供の肌の厚みは大人の3分の2程度しかなく、刺激には弱いです。

 

子供の皮膚が大人並みになるのは16歳頃と言われていますので、それより小さい子供に大人と同じ強さの光を照射するのは刺激が強すぎて、肌を痛めてしまったり、最悪火傷になったりする危険性もあります。

 

ですので、フラッシュの強さには注意が必要です。

 

また、女の子の場合、女性ホルモン、特に黄体ホルモンがメラニンの生成を促す働きをもっていて、初潮を迎えていない女の子の場合その女性ホルモンの分泌が不安定です。

 

毛はホルモンに大きく影響されるため、ホルモンバランスのまだ整っていない子どもの時に脱毛してもまたムダ毛が生えてきてしまい、「効果がない」とクレームの原因になる可能性もあります。

 

脱毛サロンの中には、小学生は断られたり2回目以上の「生理を迎えていること」とか「15歳以上」、「未成年は親の承諾が必要」というような制限を設けているところが多いのも以上のような理由からだと思われます。

 

ただ実際にはケノンのレビューを読むと、とても多くの人がケノンで子供の脱毛をしています。

 

<ケノンで子供脱毛した体験談・口コミがこちらにたくさん載っています>

ケノン子供レビュー

 

安全面に十分注意し、ホルモンの影響で効果が不安定な点を理解していれば、子供の脱毛も問題なくできるようです。

 

 

では、安全にケノンで子供の脱毛をするには、どんな点に注意したら良いでしょうか。

 

次にケノンで子供の脱毛をする時の注意点をお伝えしますので、参考にして下さいね。

 

ケノン公式HP

ケノンで脱毛する時の注意事項

ケノンは家庭用脱毛器として、非常に脱毛効果と安全性が高い製品です。

 

【ケノンの安全性】

 

・肌に有害な紫外線等は、特殊フィルターでカットされています。
・肌に合わせて、最小レベル1から最大レベル10まで光のパワーを調整できます。
・肌の弱い人向けに、3連射、6連射と光を分散できます
・発光時間が非常に短いため、肌への負担を極限まで抑えます
・肌がセンサーに触れない限り照射されないので、誤照射がない安全設計
・開発から製造まで日本企業
・人工知能(AI)搭載で、冷却時間を自動延長したり、故障箇所がないか自己診断

 

以上のように、ケノンの安全性を見ると、弱い肌の人にも十分配慮され、子供に使ってもトラブルが起きるとは考えにくい仕様です。

 

 

ケノン親子

ケノンで子供の脱毛をする時の注意点としては、

 

・ケノンで照射する前後は、日焼けに注意! プールなどは日焼け止めで、日焼けを防ぐこと。

 

・照射パワーは一番弱いレベルから試すこと。何か異常があれば即中止すること。

 

・最初は痛みの少ない腕で試してみること。

 

・照射前後には、保冷剤等を使って皮膚をよく冷やしておくこと。

 

必ず大人が一緒にいて脱毛すること。(子供だけでケノンを触らせない)

 

・光を直接見ることを避けるために、サングラスを必ず装着させること。

 

・子どもが勝手に自分で触らないように、保管場所には気を付けること。

 

 

ケノンレベル調整

ケノンのHPを見ますと多くの体験談がありますが、その中には小学校低学年の子供にケノンを使った体験談も多く含まれています。

 

実際ケノンユーザーの3人に一人は家族で使用しているというデータがあり、親子で使っているユーザーが多いようです。(ケノンは照射部分のカートリッジを交換できますので、自分専用のカートリッジを持てば抵抗なく1台を使いまわせて経済的です)

 

必ず大人が一緒にいて、出力も一番弱いレベル(レベル1から10まで選べます)から様子を見ながら徐々に進めていけば、実際には問題ないと思います。

 

ただ、この辺りは何度も言いますが、「自己責任」で判断してくださいね。

 

 

ケノン公式HP

ケノンを子供脱毛に使うメリットとデメリット

以上のように、ケノンを子供の脱毛に使う事はしっかり注意して使えば問題ないのですが、
今一度ケノンのメリット・デメリットについて整理したいと思います。

 

メリット1:家族で使えて経済的
メリット2:子どもが大きくなってもそのまま使える
メリット3:通わなくても自宅でいつでもできる
メリット4:ムダ毛が徐々に生えてこなくなるので、脱毛の頻度が減る
メリット5:お年頃になる頃には、ムダ毛が生えにくくなりツルツルの肌をキープできる

 

 

デメリット1:メーカーが推奨していないので、やるなら自己責任
デメリット2:日焼けした肌には使えない
デメリット3:施術した後は日焼けを注意

 

と、メリットの方が大きいと思います。

 

ただ、日焼けを避けるためにも肌の露出が多くなる夏前にできたらやっておきたいですね。

 

脱毛器

ケノンは子供が何歳から使える?

ランドセルの女の子

ケノンで子供の脱毛は何歳からできるのでしょうか。

 

基本的に脱毛するのに年齢は関係ありませんので、何歳からでもケノンを使う事はできます

 

さすがに赤ちゃんが脱毛したいとは言わないでしょうから、多分おませちゃんな女の子で自分のムダ毛や産毛を気にし始めるのは、早くても幼保育園の年長さんぐらいではないでしょうか。

 

そのぐらいの年齢でも、結構毛深い子はいますので、もし本人が気にしているようでしたら、ケノンでお手入れしてあげても問題ありません。

 

ただ、先ほどもお話ししましたように、女の子のホルモンバランスが安定するのは第二次成長期が終わるころなので、個人差はありますが高校生になる頃までは毛周期が安定しません

 

そのために脱毛をしても効果をあまり感じない可能性があります。

 

ですので、高額な脱毛サロンやエステで第二次成長期前の子供に脱毛してもまた脱毛し直さないといけないというようなことがありますので、その点はあらかじめ注意が必要です。

 

ケノンならその点、何度脱毛しても費用はカートリッジ代だけなので、費用の負担は非常に少なくて済みます

 

ケノンで一度脱毛した後にまたムダ毛が生えてきた場合は、もう一度脱毛し直せばよいだけです。

 

以上のように、ケノンで子供脱毛は何歳からでもできるのですが、子どもの肌は大人より薄くデリケートですので、最初から強いレベルの光を照射することは避けてください。

 

最低レベルから徐々にレベルを上げて様子を見ながらお手入れを進めるようにしてください。

 

その点ケノンはレベル1から10まで細かく照射レベルを調整することができますので、その点でも安心ですね。

 

また脱毛した後は、アフターケアをしっかりと行うように注意してください。
照射した後は保冷剤を使ってよく冷やすことと、化粧水やスキンクリームなのでしっかりと保湿するようにしてあげてください。

それでもケノンで子供の脱毛するのが心配な人は・・・

それでもやっぱりケノンで子供の脱毛をするのに不安な人は、どうしたら良いでしょうか。

 

その前に先ず一般的な脱毛・除毛の方法としては、どのような方法があるのか確認しておきましょう。

 

@ カミソリを使ってムダ毛を剃る
A 脱毛ワックスを使って、ムダ毛を剥ぎ取る
B 子供の脱毛もやっているエステサロンに通う
C ケノンのような家庭用脱毛器を使う
D 抑毛(豆乳)ローションを使う

 

先ず子供の脱毛をする場合に一番に考えないといけないのは、子供の肌は弱いので肌に負担をかける方法は避けることが大事です。
その点からも肌にダメージを与えやすい@カミソリとA脱毛ワックスは避けてください。

 

毎回カミソリを使って子供の弱い肌をジョリジョリ擦るのは、肌の負担が大きく、埋没毛になったり肌荒れの原因になります。
また脱毛ワックスも、毛をむしり取ることになるので、子供は痛がりますし、肌の炎症や化膿を引き起こす可能性があります。

 

またすぐにムダ毛は生えてきますので、その度にカミソリやワックスを使うのは肌をどんどん傷つけてしまいます。

 

Bの脱毛サロンやエステに通う方法は、キッズ向けの脱毛をやっているお店を選べば安心です。
専門のスタッフが子供の肌の様子などをしっかり確認したうえで施術しますので、子供の肌を痛める心配はありません。

 

ただし、第二性徴期が終わるまでは「毛周期」が安定しないので、せっかく高額な費用を支払って脱毛しても、また脱毛し直さないといけない可能性が高いことは頭に入れておく必要はあります。

 

ケノン以外でお勧めの「子ども脱毛」ならコレ”!

 

以上の通り、安心して子どもの脱毛をしたい人には、「脱毛エステ」がおすすめです。
プロがしっかりと施術してくれますので、安心・安全です!”

 

エステ子供

ただ、マイナス面としては、

 

@料金が大人並みに高い(10歳前後で全身脱毛が約30万円)
A毎回親が同伴しないといけないので、お店が近くにないと負担が大きい
B永久脱毛にはならないので、また将来脱毛する必要がある(費用がまたかかる)
C完了するまでに時間がかかる(1年以上)

 

ということで、脱毛サロンを利用するのは、お金と時間に余裕のある家庭にかなり限定されてしまうので、誰でもできるという訳にはいかないですね。

 

もしあなたが一時的な効果でもいいから、費用が安くて手軽にできる子ども脱毛を捜しているのでしたら、「抑毛(豆乳)ローション」がおすすめです。

 

自然の原料「パイナップル豆乳」を使っていますので、安全で子どもの肌への負担もありません
費用も数千円とお財布の負担も少なく、脱毛効果はすぐに現れます。

プロに任せたいならコチラ!

「料金は高くても構わないので、プロにやってもらいたい」というあなたには、脱毛サロンをお勧めします。

 

特にご紹介するディオーネ(Dione)は、ハイパースキン脱毛と言って「痛くない」「肌を傷める心配がない」と、子ども用に開発された脱毛法です。

 

ムダ毛が生えてくる前に処理することで、発毛そのものを予防する”今話題の脱毛法”です。
今生えている毛には何もせず、これから生えてくる毛の種に働きかける独自の方法のため、痛みがほとんどありません。

 

お店も全国に120店舗ありますので、近くのお店を比較的捜しやすいと思います。

 

親子で体験できるので、一度試してみることをお勧めします。

 

子供の肌を考えた脱毛サロン、Dione(ディオーネ)のHPをチェック!

 

ディオーネHP

パイナップル豆乳除毛クリームのメリットとデメリット

ケノンレビュー

最後に、パイナップル豆乳除毛クリームを見てみましょう。

まず、パイナップル豆乳除毛クリームのメリット・デメリットについて整理してみると、

 

メリット1:費用が安い(税抜き2,600円)
メリット2:他の除毛クリームと違い、肌への負担がない
メリット3:通わなくても自宅でいつでもできる
メリット4:除毛クリームを塗って5〜10分でムダ毛が取れ、すぐに除毛できる
メリット5:除毛クリームの嫌な臭いもない
メリット6:美肌成分イソフラボンを含む「大豆エキス」が含まれており、美肌効果も期待できる
メリット7:返金保証が付いている

 

デメリット1:1週間程度でまたムダ毛が生えてくる
デメリット2:こすらないと毛が抜けない
デメリット3:ほぼ毎週お手入れが必要

 

と、子供の肌に負担をかけないので、安心して脱毛することができます。

 

ただ、一時的な「除毛」ですので、お手入れから1週間ほどでまたムダ毛が生えて来てしまいます

 

無毛状態を続けるには、週1回程度のケアが必要になりますが、専用の「パイナップル豆乳ローション」を毎日使うことで
ムダ毛ケアの頻度を2週間に1回、1か月に1回と減らすことが可能ですので、クリームとローションをセットで使う事をお勧めします。

 

毛がどんどん生えてくる成長期の子どもにはそもそも永久脱毛はできません。
処理した後からまたムダ毛が生えてきます。

 

肌の露出が増える時期だけ除毛できていれば十分という人には、「パイナップル豆乳除毛クリーム・ローション」も手軽にできてでお勧めです。

 

パイナップル豆乳除毛クリームの詳細を見る

↓↓↓

パイナップル豆乳除毛クリーム

 

パイナップル豆乳ローションの詳細を見る

↓↓↓

豆乳ローション通常購入

 

継続して使うものなので、8割以上が選ぶ「お得な定期コース」をお勧めします(初回半額、送料無料)

 

パイナップル豆乳ローション「定期コース」はコチラ

↓↓↓

豆乳ローション定期購入

 

ケノンの子供脱毛でよくある質問

ケノンで子どもの脱毛をする場合のよくある質問と回答をまとめてみました。

 

@ケノンは痛みはないの?

 

ケノンには光の照射パワーを最小から最大まで【10段階】で調節することができるようになっています。
また光を分散して照射する「連射機能」が搭載されています。
子どもには、一番パワーの小さい「レベル1」から始め、徐々にレベルと上げることで全く痛みを感じることなく脱毛することができます。
また同じレベルでも「連射機能」を使うことで、痛みを和らげる事ができますので、痛みに敏感な子供にも安心して施術することが可能です。

 

A何歳からケノンで子供の脱毛ができるの?

 

特に何歳からというものはありませんが、子供が自分のムダ毛を気にするような年になったら、ケノンで脱毛してあげれば良いでしょう。
ムダ毛が生えるのは大人でも子供でも変わりませんので、ムダ毛の処理の仕方自体が変わることはありません。

 

ただ、第二次性徴期が終わる頃(高校生ぐらい)までは、ホルモンバランスが安定しないため、毛周期も安定しないことから、脱毛をしてもすぐにまたムダ毛が生えてきたリして、効果を感じにくいかもしれません。

 

Bケノンは子供だけでも脱毛できるの?

 

ケノンで脱毛する時には、必ず親がついていて、子供だけにさせるのは避けて下さい。
ケノンにはフラッシュの誤発射を防ぐ安全装置もついていますが、子供はどんな操作をするか分かりませんので、子供一人にケノンを操作させるのは危険です。

 

Cアトピーや敏感肌でも脱毛できるの?

 

アトピーや敏感肌の人もケノンで脱毛できます。
ただ、念のために、目立たない部位で最小レベル(レベル1)で問題がないか試すことをお勧めします。
問題が無ければ徐々にレベルを上げて下さい。

 

ケノンのフラッシュ(光)は、黒いものに反応します。もし、シミ、かさぶたなど肌に濃い色の部分がある場合には、絆創膏などを貼って直接フラッシュに当たらないようにしてください。

 

また、施術前、施術後は保冷材等でしっかり冷却するようにしてください。

 

Dケノンが使えない体の部位はあるの?

 

基本的にはどの部位でもケノンは使用できますが、目の周りには使用しないようにしてください。
また黒子(ほくろ)や日焼けした後など肌が黒くなっている部位は火傷の可能性がありますので、使わないようにしてください。

 

E口周りの産毛(口ひげ)の脱毛にも使えるの?

 

もちろん使えます。
ただ、目に近いのでサングラスをかけるなど、直接光を見ないように注意してください。

 

Fケノンは子供にも効果があるの?

 

大人同様、子供にも効果はあります。
ただし、先にご説明しましたように、第2次性徴期が終わるまでは、ホルモンバランスが安定せず毛周期も安定しないため、脱毛効果を感じにくいということがあるかもしれません。

 

Gケノンの脱毛前後の注意点は?

 

ケノンで脱毛する前に、先ずムダ毛をカミソリやシェーバーで剃っておく必要があります。
剃らずにフラッシュを照射すると、痛みを感じる場合があります。

 

脱毛後は、保冷剤等で良く冷やすことと、スキンローションなどで良く保湿をするようにしてください。
また、脱毛後の肌はデリケートですので、プールなどに行って直射日光を多く浴びたりすることは避けてください。

 

Hほくろやあざがあるとケノンは使えないの?

 

ケノンのフラッシュはメラニンの黒い色素に反応して、熱を発生します。
そのため、ほくろやあざなど黒い色素のある部位にも反応して、痛みを生じることがあります。

 

それを避けるために、ほくろなど黒い部位を絆創膏などで覆ってフラッシュが当たらないようにすれば、使えます。

 

Iレーザーの家庭用脱毛器で子供の脱毛はできる?

 

レーザーで子供の脱毛もできますが、レーザーは痛みが非常に強いので、子どもさんは痛がって途中で止めてしまうでしょう。
ですので、痛みの少ないフラッシュ脱毛器、ケノンを子供脱毛には使う事をお勧めします。